電話で英語を話すとき

電話で英語を話すとき

英語という言語は世界中で使われているため、もし話すことができればあらゆるシーンで役立ちます。
特にビジネスの世界では英語が共通語になっているので、グローバルな事業をされている方にとっては必須の言語となっています。

 

 

 

ハードルが高いように感じられる外国語の習得ですが、まったくそんなことはありません。
むしろ他の学問に比べれば語学というのはたやすいものでしょう。
なぜなら語学はコミュニケーションするためのツールだからです。
数学や物理を学ぶ際には机に向かって理論と向き合う必要があります。
前提となる知識が膨大であり、体系的に学ぶことが重要です。

 

 

 

しかし外国語というのは相手とコミュニケーションが取れるということが最も重要な要素です。
そのためどんな状況下であれ、コツコツとそのスキルを身につけることができるのです。

 

 

 

英語を身につける時に一番の近道というのは、英語をネイティブな言語としている人と話すことです。

 

ある程度の知識を持った方は電話などで気軽に外国人と会話をするというのも1つの策になります。

 

 

 

そこで重要なことは、漫然と話さないということです。
外国語をコミュニケーションツールとして使えるようになることは確かに難しくありません。
しかし、あくまでも日本語をネイティブな言語として使っている我々が、外国語を100%使いこなすことは非常に難しいことです。
学ぶべきことは常にあるのです。

 

 

 

ある程度話せるようになってしまうと、そのレベルで満足してしまうかもしれません。
そこで、簡単な電話1つでもこの言い回しは使えるか、いつもと違った単語で伝えてみようという貪欲な姿勢が、
より一層の英語力の進化に繋がるはずです。