初めに覚えておきたいビジネス英語:自己紹介編

初めに覚えておきたいビジネス英語:自己紹介編

海外で取引をしている企業に勤めている方や、外国語を使って仕事をする方などは、英語で話したり、メールを送ったりすることが多いでしょう。初めて会ったり、取り引きしたりする場合、英会話が堪能であれば問題はないのでしょうが、英会話が初心者であったり、英語自体が苦手であるような場合には、どうしたら良いでしょう。まず、ビジネスの場面では、たいていは自己紹介をする場面があるはずです。

 

 

 

そこで詰まってしまっては、それ以降の話しもなかなかし難いでしょうし、その場の雰囲気も悪くなるかもしれません。英会話などが初心者でも、自己紹介のフレーズぐらいは覚えておいた方が良いでしょう。名前、出生地、趣味、所属部署などについては、スムーズに言えるようにしておきましょう。スラスラと言えるまでに覚えてしまいましょう。

 

 

 

基本的なフレーズを覚えたならば、そこに肉付けをして行けば、より魅力的な自己紹介になります。相手との仕事に対する見解や意気込みなどを付け加えることができれば良いでしょう。相手も自分や仕事について語るでしょうから、どのようなことを話すかをチェックすれば、「次は、これを足して話そう」となるわけです。ビジネスにおいて、第一印象は大切です。

 

 

 

英語が苦手な方でも、そこが第一歩。プラス、「今、勉強中です。」「昨日、徹夜で覚えました。」「この後は、英語の達者な彼にお任せします。」などの言葉を添えれば、ビジネスの場も良い雰囲気になるでしょう。後は英語の堪能な人に任せても大丈夫です。自分のことを語るフレーズを丸暗記でも構いません。スラスラ出るほどに練習することから始めましょう。