面接の種類

面接の種類

就職の面接には、個人、グループ、グループディスカッション、また一次、二次など様々なものがあります。外資系の企業、日本企業でも英語に特化した部門への就職の場合、ネイティブによる英語の面接が行われるのがふつうです。その場合には、いくつか英語の面接特有の留意点があります。

 

子供 英会話

 

とは言っても、聞かれる内容は日本語のものとほとんど同じと考えて差し支えありません。自分自身について、転職の理由、この会社を選んだ理由・動機、自分の経験や能力について、これからやりたいこと、将来のヴィジョンなどです。

 

 

 

これにプラスして問われるものといえば、むしろ態度やマナー、与える印象などでしょう。マナーとしては、まず会社について十分に下調べをすること。日本の会社についてはある程度常識や経験でわかることでも、外資系についてはより時間をかけて調べておく必要があります。会社について何を知っているかを問われることも多いはずです。

 

 

 

そして態度や印象。相手の目を見て臆さず話をすること、明確な言葉ではきはきと答えることは日本以上に重要視されるかもしれません。最初と最後の挨拶についても同じ。はっきりとした好印象を与える態度と挨拶が必要です。

 

 

 

いずれにしても一番大切なのは、徹底的な準備です。想定問答集を作成し、十分に練習しておくことが成功の鍵です。丸暗記しすぎて聞かれていないことをどんどん喋ってしまうのは問題ですが、ある程度の柔軟性をもたせ、自然な言葉で自然に話せる練習は繰り返ししておきたいものです。準備が十分であれば、あとは自信をもって自分自身を存分にアピールしましょう。