ビジネス英語を使う時のポイント:英語は自分のレベルで

ビジネス英語を使う時のポイント:英語は自分のレベルで

 「ビジネス英語」と聞くと、日本では、日常英会話などと区別して扱われることが多いためか、一気に敷居が高く感じられ、身構えてしまう人が多くいます。しかし、実際は必要以上に難しく感じる必要はなく、中学英語で十分なのです。

 

英会話スクールの魅力

 

 海外のニュース番組などを観ていてもよくわかります。大統領など国のトップが話す英語でさえ、ほとんど中学レベルの単語や熟語で話されているのです。それぞれの分野に関連する専門的な用語を除いては、難解な単語は一切使われていません。これは、国民に自分の言いたいことを正確にわかりやすく伝えるということに重点が置かれているためです。

 

 

 

 ビジネスにおいても同様です。各分野に関連する専門用語を除いては、日常会話と同じレベル、日本人が中学3年間で習う基本単語や表現を使えば十分なのです。何より意識しなくてはならないのは、相手に正しく情報を伝えることです。

 

 

 

 ビジネス英語マスターへの近道はまずは、「中学英語のやり直し」と言えます。中学校の3年間で習う単語、文法、表現を、自然に口から出るまで徹底的に頭に叩き込みます。

 

 

 

 そのあとに、さらなる表現力のアップのために、ラジオのビジネス英会話など、身近な教材を使用してワンランク上の知的で教養ある表現を学ぶとよいでしょう。

 

 

 

 「ビジネス」と聞いても、身構える必要も、難しい単語や表現を覚える必要もありません。まずは基礎をマスターすること。そしてその後に自分のペースで表現の幅を広げていけばよいのです。