初めに覚えておきたいビジネス英語:メール編

初めに覚えておきたいビジネス英語:メール編

ビジネスで英語を使用する人にとって英語でのメールのやりとりは基本中の基本です。
ネットがここまで普及している現在、電話では時差もあるしちゃんと聞き取れるか不安という人でも
メールなら気兼ねなく英語でやりとりできるでしょう。

 

 

 

ビジネスメールは国が違っても基本的なマナーは変わりません。
例えば件名は簡潔に分かりやすく書き、頭語、結語なども必要とします。
また送り先が同僚の場合と上司の場合と取引先の場合とでは使い分けが必要ですよね。

 

 

 

相手によって「Dear」なのか「Sir」なのか判断すべきことは一緒です。
ここでは本文でのアドバイスをしましょう。

 

日本語の場合、Aという理由なのでCという結論に達しました、というように結論を最後にもっていきがちですが、英語では逆になります。「私はCという結論を出しました。なぜならAだからです。」というような感じですね。

 

 

 

これは英語の文法から見ても分かりますよね。
「I want to go to bed because Im sleepy.」というように結論を最初に言ったあとに理由を述べます。

 

 

 

日本語とは大きく違う点なので重要なポイントだと言えるでしょう。
そしてこちらの意見や要望をできるだけ簡潔にストレートに伝えましょう。
お世辞や遠慮がちで曖昧な言葉をよく使う日本人はこれがなかなか出来ないかもしれません。

 

 

 

しかしビジネスは、特に海外の人を相手にしたビジネスでは自分の思っていることを
きちんと伝えなければ不利益を生んでしまうこともあるのです。
とにかく分かりやすく簡潔に、余計な話題をあまり挟まず作成するようにしましょう。