初めに覚えておきたいビジネス英語:挨拶編

初めに覚えておきたいビジネス英語:挨拶編

グローバル化が急速に進む今日において、英語は出来て当たり前と言われる存在になってきました。会社での会話やメールでのやり取り、それから電話の応対と、特にビジネス界においては英語を自在に操ることが出来なければ仕事に支障をきたしかねません。日常生活においてもそうですがビジネスでも挨拶はとても大切です。

 

 

 

Nice to meet you.などの基本的なものは一通り暗記していつでもすぐに口に出せるようにしておく必要があります。

 

 

 

もし海外からのお客様が来られて丁寧に応対したいときは、最後にsirをつけて話すと敬意を示すことになるということも覚えておくと役立ちます。また大部分の仕事のやり取りはメールで行われる昨今です。そこでその場合のビジネス用の挨拶の書き方も知っておかなければなりません。

 

 

 

その際には、言葉は話される国の文化や歴史を背景に成り立っているということから、日本語の発想と異なることを念頭に置いておくことが肝心です。たとえば日本で使われる季節や天候に関する言葉は英語では使われません。

 

 

 

それから仕事上常に使われる「いつもお世話になっております」という直接の言葉もありません。そこで、もしそういいたいのであれば、この表現はお礼の意味合いを含むものだということから代わりに感謝を表す英語の表現を使うというように発想の転換が必要です。同様に「宜しくお願いします」という直訳もありません。メールでのはじめの挨拶は日本語ほどこだわらなくて良いようです。