英語耳を鍛えるのに最適な英会話勉強法:英訳練習

英語耳を鍛えるのに最適な英会話勉強法:英訳練習

英会話のためにはまずは自分が言いたいことを言えるようにするということが基本です。そのために自己紹介などを初めに覚えることになります。この自己紹介もよく考えてみたら「伝えようとすることを日本語で考えてそれから英訳して覚える」という一連の流れを経ています。このように英会話をするということは頭の中で英訳をすることだと言えるのです。

 

 

 

それならば英会話習得にはひたすら英訳をする訓練をすれば良いということになります。具体的な勉強法としては、書店に行って英訳と和訳のついた本を買ってきます。今はいろいろな教材などがありますが最低三から四種類は揃えたいものです。

 

 

 

まずは基本として日常会話用のもの。それからビジネス会話用。もう一冊は日本の文化や習慣を説明しているもの。英語を話す上では自分の国についてよく知ることがとても大切です。

 

 

 

それは決まって外国人に日本のことを聞かれるからです。この三冊で一応は十分ですが、より知的な会話が出来るように自分の得意な分野のものも揃えると鬼に金棒です。

 

 

 

例えば科学や哲学など興味のある分野を英語で説明できるようになっておくと英会話も弾みます。そして、それらの本の日本語の部分だけを見て口頭で英訳していくという訓練を毎日繰り返し行います。少しの時間で構いませんので、毎日続けることが肝心です。この訓練を続けていくとそのうち日本語を思い浮かべなくても英語が直接頭に浮かんでくるようになります。この方法なら英会話を独学でマスターすることは難しくありません。