英語耳を鍛えるのに最適な英会話勉強法:ディクテーション

英語耳を鍛えるのに最適な英会話勉強法:ディクテーション

英会話を習得するために大切なことは自分の言いたいことが言えるということはもちろんですが、それ以上に相手の言っていることが理解できなければいけません。

 

 

 

特にビジネスの世界においては大変重要です。英語を理解できる耳になるための訓練のひとつにディクテーションがあります。これは聴いた英語を文字で書くということです。一般的に英語耳を鍛える良い方法はひたすら聴いて音に慣れていくことだと言われます。

 

 

 

確かに言葉の理解力は触れた時間に比例しますので良い方法です。聴き続けるにつれてなんとなく理解できてきます。しかし時にはその「なんとなく」の部分をはっきりとさせていくほうがより速く理解できるようになります。そこで用いられるのがディクテーションです。

 

 

 

耳にした言葉を書くということは細部まで聞き取れないと出来ない作業です。そのためには何回も聴いて理解しなければなりません。実はそこがポイントです。何度も耳を澄ませて聴いているうちに、その単語に対する発音が理解できるようになります。特に単語と単語が繋がって発音されている場合などディクテーションによって意味が明確になったりします。

 

 

 

これを繰り返しているうちに今までただ耳に入ってきていた「音」が意味をもった「言葉」に変わっていきます。そうすると英会話でも相手の言っていることが次第に理解できるようになってきます。さらに良いことには何度も繰り返して聴いたものは頭に残っていきますので自然と暗記もできて一石二鳥です。一日のうちのたった10分ディクテーションの習慣を身につけるだけで独学でも英会話はマスターできるようになるのです。