苦手意識を取っ払うのも完全攻略への近道

苦手意識を取っ払うのも完全攻略への近道

英語が話せなくとも日本にいれば大丈夫、と思っている人は多いはずです。
確かにそうかもしれませんが、英語が必要となる日は本当に無いのでしょうか。
日本にいても外国人と接することは0とは言い切れませんし、もしかしたら突然話しかけられたりするかもしれません。
それに会社によっては海外出張だってあり得るはずです。
世界共通語なので、話せて損は無いですよね。

 

英語に対して苦手意識を持っている人は少なくありません。
それは何故なのか。
恐らく中学、高校の時に習った英語の勉強の仕方に問題があったのかもしれません。
学生の頃は当然、テストがありますよね。
当時は英語を話せるように、というよりもテストで良い点数を取る為に勉強しよう、という意識のほうが高かったはずです。
しかし英語が話せる人からすれば、その勉強法自体無意味に近いと言えるのです。

 

確かに授業で学ぶ英単語や文法は大事かもしれませんが、枠にとらわれ過ぎかのようにも思えます。
また、英語がペラペラ話せる人からすれば日本での勉強は細かすぎて逆に分かりづらいと感じる人もいるようです。
細かすぎて応用がきかない、そんな英語を学んできたのでは苦手意識があっても当然です。

 

英語は難しくて自分には無理、と最初から思っていては自力で完全攻略するのは難しいでしょう。
要は、相手に伝われば良いだけのことです。
テストがあるわけでもないので、自分がやりやすいと思う方法を実践してみてください。
あまり難しく考えない事も攻略する為には必要な要素なのではないでしょうか。