ビジネス英語もなんのその!自力で完全攻略

ポッドキャストはビジネス英語に強い

グローバル化が進むビジネス社会において、英会話は必須の能力ですが、実際に英語を学ぶためには時間や費用が掛かることが少なくありません。日本の英会話学校などは数人のグループで英会話を勉強する形式ですが、複数人が同時に会話をすることから、実際の自分の勉強時間は意外と少ないのが難点です。

 

そこで英会話の勉強に活用したいのがpodcastです。podcastはスマートフォンなどのに専用なアプリをインストールすることで、様々な英語教材をダウンロードして勉強することが出来るサービスであり、特に英語を学ぶノンネイティブ向けの教材が充実しており、ビジネス英語を学ぶ人にとっては最適な教材と言えます。podcastの特徴の一つとし豊富なコンテンツがあります。

 

実際に海外への留学を目指す学生向けの教材から、海外での仕事に必要なフレーズを集めた教材、一般的な日常会話を学ぶための教材など、学ぶ人のレベルに合った教材を選択することで効果的な勉強が可能となります。

 

さらに、多くの教材が無料で提供されており、自由に繰り返し学ぶことが出来るため、通勤時間などを使って継続して勉強することが可能なのです。

 

このように多くの英会話教材の中でもpodcastはビジネス英語に強い教材と言うことが出来る上、手軽に楽しく学ぶことが出来る教材としても忙しい社会人にとって最適な勉強方法であり、勉強効果をすぐに体感できる優れた教材と言えるのです。

 

英語で情報収集

英語の勉強で、とても役に立つのがニュース。
「普通の会話でも何も言っているのか聴き取ることができないのに、絶対無理!」
または、
「小説だって辞書を引いてやっとなのに……」
なんていう方が、学習者の中には、とても多いようです。

 

でも、それは本当なのでしょうか?
まずは、ヒアリングですが、実は人が話している会話を聴き取るのは、とても難しいことなのです。

 

なぜかというと、日本語もそうですが、話者にはそれぞれクセがあります。
英語だって話されている地域によって発音が全然違うのです。
しかも、英語の場合、アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダなどの国だけではなく、世界各国で第二言語として使われていますから、数え上げたらキリがありません。

 

ですから、会話を聴き取るのは、なかなか難しいことなのです。
その点、ニュースであれば、あまりクセのあるような文が出てきません。
特に先に日本語で知っているような内容であれば、知らない意味の単語があっても、かなりのレベルで推測することができるでしょう。

 

また、明晰かつ体系的な文章が多いので、非常に理解しやすいのです。
それは、ヒアリングにおいてだけではありません。
リーディングにおいても同様です。

 

小説だと、それぞれの作家のクセなどがあり、中には非常に読みにくい文章もありますが、ニュースの場合、論理的な文が多いため、単語の意味さえわかれば、何となく全体の意味も掴めてしまいます。
したがって実のところ大変理解しやすく、特に最初に日本語において情報を集めておくと、苦労することなく読むことができます。
ですから、英語の勉強においては、ヒアリングにもリーディングにも適していると言えるようです。
キッズスターイングリッシュ